妊娠検査薬フライングの記録


妊娠した周期の妊娠検査薬フライング画像や初期胎児ドックを受けた感想や結果とか

5w2d 胎嚢確認


※※エコー写真有※※




化学流産した周期は4wそこそこでクリニックへ行って撃沈したので(胎嚢確認できずその後出血)、クリニックへ行きたい気持ちを抑えて5wになるまで待つことに。


ということで5w2dに卵胞チェック&不妊検査入門編でお世話になったクリニックへ。
目標は子宮内に胎嚢確認です。


先「生理来た?」
私「市販の検査薬で陽性出たので確認してもらおうかと…」
先「それじゃ内診しますねー…あ、袋が見えますねー、おめでとうございます」


といたって普通の流れで無事胎嚢確認。
5w2dで胎嚢のサイズは12.6mm。



以下エコー写真です。↓↓



echo_01.jpg


エコー写真のバナナ型の胎嚢の中に米粒らしき白い小さな物体が。
先生曰く「まだ小さいから確実には言えないけど、もしかしたら卵黄嚢かも」とのことでした。


胎嚢が細長い形をしているのに一抹の不安を覚え、さっそく検索魔に。
エコーの角度でいくらでも変わるので気にしないでいいという意見と、胎嚢の形が崩れていると流産しやすいとの意見も…。


「次回は二週間後に来てねー。心配だったら一週間後でもいいよー。」とのことなので一週間後に行ことに。
早ければ心拍が確認できる時期ですがどうかなー。




検索魔中に流産率の表を見つけたので参考までに貼っておきます。

------
超音波で胎のうが見えない場合の流産率 15%
胎のうが確認できた後の流産率 11.5%
胎のうが確認でき、出血もない時の流産率 4.2~6.1%
胎のうが確認でき、出血がある時の流産率 12.4%
胎児(胎芽)が1~5mmの時の流産率 11.5%
胎児(胎芽)が6~10mmの時の流産率 3.3%
胎児(胎芽)が11mm以上の時の流産率 0.5%

------

ピンクおり・茶おり共に出ていないので現時点では上から3つ目ですね。
このまま継続してくれることを祈るばかり。

にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠・出産へ


« Prev|Top|Next »

HOME

Nao

Author:Nao
1982年生まれの夫婦です。
2015年秋出産予定。
→出産しました。

このblogは高温期8日目からの妊娠検査薬のフライングの記録です。

主に使用した検査薬
・ドゥーテスト
・Wondfo(海外製)
・DAVID排卵検査薬(海外製)
※排卵検査薬をフライング用妊娠検査薬として使用しました。

QR